活動報告

2015/03/24

書評『フランス革命の省察』

次世代の党の機関誌がリニューアルし、「ネクスト」として生まれ変わりました。

松沢も同誌上で皆さまにお勧めの書籍をご紹介する連載コーナーを

担当いたします。記念すべき第1号では、『フランス革命の省察』を取り上げ

ました。本HPにも転載しますので、ぜひご一読ください。

=========================

幹事長の松沢成文です。今回から私のお勧めする本を
皆さんにご紹介するコーナーが始まりました。

記念すべき第1回は、次世代の党らしく、保守主義の
バイブルといわれる名著『フランス革命の省察』を
選びました。

著者のエドマンド・バークは18世紀に活躍した
イギリスの政治家・思想家です。

本書でバークはフランス革命を痛烈に批判していますが、
だからといってバークが頑迷な反動主義者というわけ
ではありません。むしろ名誉革命やアメリカ独立革命を
評価するなど自由主義的な思想の持ち主でした。

そのバークがフランス革命を批判したのは、
それが理性を絶対視し、理性のみに基づいて社会の
抜本改革を行おうとしたからです。

社会というものは、各国固有の文化や風土のもと、
長年にわたって蓄積された人間の知恵と経験=伝統に
よって複雑に構築された有機体であると考えるバークに
とって、頭のなかの空理空論で、あたかも機械の部品を
交換するように社会変革を試みるフランス革命は
危険極まりないものでした。

そして、才気走った知性のみで突っ走る革命の行く末は
血塗られたものになると予言したのです。

本書が出版されたのは革命が勃発した翌年の1790年
でしたが、その予言のとおり、革命はギロチンによる
粛清の嵐を経て、ナポレオンの帝政によって終焉を
迎えます。

本書のなかでも特に有名なバークの思想が、現代を
生きる人々が享有している過去の社会の財産は先祖から
相続したものであり、私たちにはこの過去からの貴重な
宝物をいっそう望ましいものにしたうえで次世代へと
受け継がせる義務があるという考え方です。

私も本書をめくる度に、政治家としてより良い社会を
つくり上げ、次世代へと譲り渡す責務があることを
胸に刻んでいます。

保守主義を語るうえでは避けて通ることのできない
一冊です。ぜひご一読ください。

※次世代の党機関誌「ネクストvol.001」掲載

                

松沢しげふみ事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館903号室
TEL:03-6550-0903 FAX:03-6551-0903

事務所へのアクセス