活動報告

2015/01/21

次世代の党は自主憲法前文案を募集しています

_MG_1425.jpg

今年は先の大戦から70年の節目の年になります。

この間、日本は奇跡的な復興を遂げ、その行動と実績で、
国際社会において確固たる地位を築き上げました。

しかし、その一方で、今も戦後を引きずっているものもあります。その一つが憲法です。

日本国憲法は、終戦直後にGHQが大急ぎで作り上げ、日本に押しつけたものでした。
私は、敗戦国である我が国がそれを受け入れざるを得なかったのは
仕方のないことであったと考えていますし、
日本国憲法の三大理念である「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」
を尊重することでは人後に落ちるものではありません。

しかし、いつまでも、このような憲法を戴くことは国家として問題があると考えています。

なぜなら、国家の基本法である憲法は、本来、国民が大いに議論を交わして、
共同して作り上げていくべきものであり、それが果たせないうちは、
我が国が真の意味で自立した独立国家とは言えないと考えているからです。

また、憲法の語源である"constisution"は、もともとは体質を意味する言葉であり、
憲法には、その国の体質、言い換えると「国柄」が表れていなければなりませんが、
今の憲法には、我が国の歴史、伝統、文化が表現されておらず、
このままでは日本人がアイデンティティーを失った根なし草になってしまう
とも危惧しています。

今こそ、国民の手による憲法が求められているのです。

次世代の党は、基本政策の第1に「国民の手による新しい憲法の制定」を
掲げてこれまで活動してまいりましたが、
この度いよいよ党内に「自主憲法起草委員会」を設立し、
半年から1年をかけて憲法草案を作成することとなりました。

そこで、憲法の顔である前文の案を広く国民の皆様から募集いたします。
我が国の歴史、伝統、文化を体現した、
「次世代」へと永く受け継がれる名文をお待ちしておりますので、
我こそはと思う方、ぜひご応募ください!!

応募要項はこちら↓↓

http://www.jisedai.jp/news/20150119_2.html

松沢しげふみ事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館903号室
TEL:03-6550-0903 FAX:03-6551-0903

事務所へのアクセス