活動報告

2011/03/14

東京都知事選挙に関する緊急記者会見について

      東北関東大震災による被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます    

日頃より私の活動に対しましてご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。私の都知事選挙出馬に関しまして、皆さまから有難いご支援の声と、同時にご心配を頂いております。この度の都知事選挙への挑戦にあたりましては、2月に入り石原知事よりお話しを頂き、石原知事の不出馬を前提として準備を進めてまいりました。
  しかし、石原知事を取り巻く状況の変化により、ご承知の通り、3月11日の都議会にて、私にとりましても予想外の石原知事再出馬宣言にいたりました。
 さらに、その直後にわが国の有史以来最大の東北関東大震災が発生し、東北はもとより首都圏あるいは日本全体に甚大な被害をもたらしています。私は神奈川県災害対策本部長として現在、県内の被害への対応及び被災地への支援へ全力を傾けているところです。
 このような国家的危機ともいうべき状況の中で、いかなる経緯があろうとも、公職にある二人の知事が長期間選挙に携わり、公務に支障がでることはなんとしても避けなければなりません。
 また、互いに「首都圏連合」を推進する立場として連携をしてきた者同士が対峙することは、首都圏連合の理念に反する事態になってしまいます。
 さらに、そのような泥沼の選挙に突入していくことへの世論の批判もさることながら、困難に直面している被災者の皆さま、不安の中にいる首都圏の皆さまを置き去りにし、さらにはご支援頂いている多くの皆さまにご迷惑をかけ混乱させてしまうことは私の望むところではありません。
 以上のような総合的な判断から、この度、私は東京都知事選挙から撤退することを決断しました。
 当面、与えられた4月22日までの任期を、全力を挙げて災害対応に取り組み、わが国の危機的な状況を打開すべく、神奈川県知事としての職責を全うしてまいります。
 今後、わが国がこの未曽有の危機を乗り越え、再び発展を遂げていくためには、さらにより大きな視点での改革や先進的な取り組みが不可欠であります。私は、首都圏連合の絆をさらに強化して、日本の再生のために、私の身命を賭して取り組んでまいる所存です。今回の決断は、私にとってまさに苦渋の決断でありますが、政治家としての私の信念に基づく結論であることを理解いただければ幸いです。
 皆さまのご支援、ご協力に改めて感謝申し上げますとともに、引き続きのご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

平成23年3月14日18時            神奈川県知事 松沢成文

松沢しげふみ事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館903号室
TEL:03-6550-0903 FAX:03-6551-0903

事務所へのアクセス