メッセージ

この度は私のウェブサイトをご訪問くださいまして誠にありがとうございます。
参議院議員、前神奈川県知事の松沢成文です。私は無所属議員としてやせ我慢をしながらも、元気に国会活動や地域活動に励んでおります。

本年は、未来の世代へのコミットメントとして、改めて3つの大きな政策課題に取り組んでいきたいと誓いを新たにしています。

一つ目は日本国憲法の改正です。憲法は不磨の大典ではありません。時代の変化に合わせて柔軟に見直していく必要があります。私は憲法審査会のメンバーとして、なぜ憲法改正が必要なのか、どの条文を変えていくべきなのか、国民と丁寧に対話を進め、議論を推進していきたいと思います。

二つ目は経済成長です。アベノミクスの大胆な金融緩和によって、一時日本経済は上向いてはきましたが、株価はなかなか2万円を越えず、金融緩和の限界も見えてきました。やはり日本にはまだまだ成長戦略が足りません。日本が培ってきた最先端の技術力を駆使して経済成長のブレークスルーを図ることに加え、観光振興によって新たなサービス産業を創生すべきです。

そして三つ目は持続可能な社会保障制度の確立です。厳しい財政事情と少子高齢化のなかで、持続可能な医療、年金、介護、子育て支援制度をどのように設計するのか。大変厳しい、痛みを伴う改革になりますが、そこから目を背けて逃げることは政治家としての責務の放棄です。国会で大いに議論をしていきたいと思います。

昨年はリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会が開催されました。そして、3年後には、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック大会です。大会に向けた準備も進んでいますが、しかし、これまでの間だけでも、既に新国立競技場の建設問題や競技会場の建設問題など様々なトラブルが続出しています。

私は、その原因は、やはり、東京オリパラ大会組織委員会役員の「老害」ともいえる振る舞いにもあると言わざるを得ないと思います。大会組織委員会は人心一新を図るべきです。新しいフレッシュな体制で、国民にオープンな議論によって東京オリパラ大会の準備を進めていけるよう訴えていきます。

そして、私が神奈川県知事時代から取り組んできたタバコ問題・受動喫煙対策も東京オリパラ大会を契機にしっかりと進めていきたいと思います。世界保健機関(WHO)も国際オリンピック委員会(IOC)も、オリンピックはスモークフリーでなければいけないと明言をしています。東京オリパラ大会のヘルスレガシーとなるように、受動喫煙防止対策をしっかりと法制化していきます。

私は、無所属の参議院議員として、政府与党の良い政策には賛成し協力を惜しまず、しかし一方で、おかしな政策・間違った政策は徹底してチェックを入れて阻止する「是々非々」路線を貫いてまいります。自民党でもない、民進党でもない「第三極」造りに、もう一度邁進していきます。皆さまにはご心配をおかけしておりますが、引き続きのご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

最後になりますが、皆様方の益々のご健勝を心よりお祈り申し上げ、冒頭のご挨拶とさせて頂きます。

平成29年吉日
松沢 成文

追伸 私の新著「始動!江戸城天守閣再建計画」(ワニブックスPLUS新書)と「教養として知っておきたい二宮尊徳」(PHP新書)がご好評をいただいております。大手書店やインターネット書店で販売しておりますので、是非ともご一読下さい。ご意見ご感想をお寄せいただければ幸いです。

松沢しげふみ

松沢しげふみ事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館903号室
TEL:03-6550-0903 FAX:03-6551-0903

事務所へのアクセス